ニセフトスジヒメヒロクチバエ

今日明日は梅雨の中休みになるそうです。

先程マイフィールドへ出かけて葛の葉を観察していました。


今日の主役は「ニセフトスジヒメヒロクチバエ」

何とも長い名前ですね。14文字もあります(*^^*)

たくさんいましたが、それぞれが勝手気ままに葛の葉の上で動き回ってます。

体長10㎜ほどの小さなハエの仲間です。


その動き回る様子がまるで両手を広げてダンスをしているように見えるので、結構人気があるようですよ。

この仲間にミスジヒメヒロクチバエというのがいまして、その偽物ということと翅の黒い筋が太いことからこの長ったらしい名前をもらったようです。

それでは静止画像ですが、「ニセフトスジヒメヒロクチバエ」さんの登場!!
P1020934.jpg

P1020927.jpg

P1020919.jpg

P1020915.jpg

おまけの写真は「マダラアシナガバエ」。
P1020942.jpg

P1020944.jpg
きれいなアシナガバエの仲間です。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

葛の葉がおもしろい

たくさんの虫との出会いが楽しめる時期ですが、特にこれから面白いのは葛の葉です。

先日はコフキゾウムシと思われる、小さなゾウムシが沢山おりました。
P1020842_2018061808462240f.jpg

この手のゾウムシは少しの振動でポトリと落ちてしまいますので葉を揺らさないように慎重に観察してました。
P1020857.jpg

メスが大きくオスは小さいようですね。
P1020865.jpg

中には三角関係でもめているのもおりましたよ(*^-^*)


その他にも
お馴染みの
P1020840_201806180846228d7.jpg
マルカメムシ。

P1020866.jpg
カノコガ。

P1020858.jpg
ヤブキリの幼虫。

珍しいところでは
P1020837_201806180846206db.jpg
小さなガガンボ、ミスジガガンボや

P1020853.jpg
初見のアオヒゲナガトビゲラにも会えました(^_-)-☆


P1020862.jpg
少し離れたところには時節柄カタツムリが・・コベソマイマイとおもわれます。



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

虫に追われて焦ってます

このところ、虫さんとの出会いが増えてきて、整理が追い付かなくなってます。

嬉しい悲鳴・・・とりあえず、整理がすんだものから、普通種ばかりなのですが、私にとっては虫暦(ごよみ)みたいなもので・・・・

まず、テントウムシさん。

テントウムシと言えばアブラムシですよね。
P1020768.jpg

セイタカアワダチソウの茎にべったりとアブラムシ・・・立派な虫さんですが、名前の方はひとくくりでアブラムシでご勘弁を。

P1020762.jpg
その横にはナナホシテントウ、

P1020766.jpg
おそらくその蛹。

それから、ナミテントウ2種。

P1220987.jpg
黒地に赤2紋

P1020650.jpg
赤地に黒紋(2-3-3-1)


その次はカメムシ2種です。

マルカメムシ
P1020763.jpg

P1020776.jpg
名前の通り丸い体形ですね。


P1020809.jpg

P1020812.jpg
こちらはかなり大型、キマダラカメムシ。


おまけの写真は、鳥さんです。最近あまり撮ってないのですが・・

P1020711_20180617081151d1e.jpg
珍しく頭の赤毛を見せてくれた、コゲラ君です(^_-)-☆



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

蝶と蛾

初物好きの私としては、今年はタイミングを見つけるのが難しくなってるのですが、今日はうまくいきました。

ねむの木の花をグッドタイミングで写せました。
P1020818.jpg

丁度開花したばかりのようです(*^^*)やはり例年よりは早いようですね。


今日の記録は最近であった蝶と蛾を・・・・

4~5日前までは乱舞していました。
ウメエダシャク。
P1020729.jpg
ここ2~3日は見かけなくなりました。
よく似たのに、トンボエダシャクがいますが、後翅縁の模様でウメエダシャクと判断しました。

こちらは乱舞はしませんが、ひっそりと葉裏にとまってることが多いようで・・
P1020561.jpg
たまたま葉表に出てました。カノコガです。

ツマグロヒョウモンの姿も時々見るようになりました。
P1020681.jpg
出会うのはすべてオスです。メスとは羽化の時期が異なるのでしょうかね。

こちらは、お馴染みのベニシジミですが、春に見たのと違って、黒っぽくなってます。
P1020750.jpg
いわゆる夏型と呼ばれている個体でしょうか。

これはツバメシジミですが、羽を広げた姿は地味ですね。
P1020772.jpg
この地味さから、ツバメシジミ♂夏型と判断しました。

最後はキマダラセセリです。
P1020800.jpg
翅を広げているところを後ろから撮ることができました。
カッコイイですね、ジェット戦闘機のような姿ですね。

おまけの写真はハエ目です。

おそらく今まで知った中では一番長い名前・・・
P1020765.jpg
「ニセフトスジヒメヒロクチバエ」と思われます。

次は名前は分かりません。
P1020784.jpg
ミバエの仲間かと思ってます。

最後は
P1020624.jpg
クチナガハリバエにそっくりの色形・・でも口が長くない。
昆虫の世界も奥が深くてよく分かりません(^_-)-☆

本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

虫さん集まれ

昨夕からの雨は今も降り続いています。



6月に入ってからの虫さんとの出会いを記録しておきます。

〇アシナガバエ科の虫さん
キンシバイの葉の上で・・・・
P1020493_20180606083125ddf.jpg

P1020494.jpg

キラキラと輝く小さな小さなアシナガバエの仲間
色が違うから、別種と思ってますが・・・・。


〇トンボの仲間
汚染に強いコシアキトンボがたくさん飛んでいました。
P1220980.jpg
そのうちの1匹がとまってくれました。
腰の部分の模様からメスのようです。


こちらは正面しか撮らせてもらえなかったのですが。
P1020504.jpg
多分シオカラトンボの♀・・・


〇キチョウの仲間
モンキチョウが飛ぶシーズンになりましたね。
P1020508.jpg

キタキチョウ
P1020526.jpg
別個体で微妙に斑点なんかが異なってます。白竜さんのご教示でキタキチョウであることに気付きました。お詫びして訂正いたします。


〇テントウムシの仲間
ナミテントウの中で西日本に一番多いとされています。
P1020519.jpg
黒地に赤2紋。


〇クマバチ
シモツケの花にたくさん訪れていた中の1匹。
P1020513.jpg
花粉まみれですね。


〇キリギリスの仲間
ひょっとしたら、キリギリスかも・・
P1020507.jpg
とすると、ニシキリギリス?

以上でした。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

ポチッ!

にほんブログ村の住人です。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

KOZAK

Author:KOZAK
自然観察大好き爺さんです。
腰を悪くして行動半径が短くなりました。身近な題材しか扱われません。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる