ガマ

川原に降りてみました。
P1020973.jpg

ヒメガマの雄花が花粉を飛ばし、周りの葉は黄色く染まっていました。
P1020979.jpg

特に花がむずむずすることもなかったので、この植物に対するアレルギーはないようです。

川原にはほかにガマやコガマがあります。
P1020988.jpg

P1020989.jpg
ガマはもう雄花の役目はすんだようです。今年は少しガマの穂が少ないように感じました。

もう一種コガマがあるのですが、行動が制約されていて、探すことができませんでした。
IMG_0702_201806230850038ba.jpg
過去に撮った写真を載せることにしましたm(__)m


ガマ→ガマ(蛙)→蛙→ウシガエル・・と言う変な連想から
P1030007.jpg

ウシガエルの写真を
P1030008.jpg


姿をよく見る割には声は聞こえてきません。


おまけの写真は川原に咲くハギの仲間

P1020911.jpg
これも苦手な植物で何萩なのかよく分かりません。
P1020912.jpg

早い開花ですね。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

ワルナスビ

ワルナスビ・・・悪い名前をもらっちゃったね。

この名前はあの有名な故牧野富太郎博士によってつけられたそうですが。


明治時代にアメリカから日本にやってきた植物ですよね。

名前通り、悪い奴です(^_-)-☆

要注意外来生物に指定されてます。

全草毒・・・ソラニンを含んでいて、中毒を起こします。

地下茎で繁殖・・除草剤もあまり効かない、抜こうとするととげが刺さる。


いいとこないようですが・・・花は綺麗ですね。

今あちこちで見られます。
P1020739.jpg

P1020889.jpg
白から薄い青色の花に大きな黄色い雄蕊が映えてます。
P1230007.jpg

マイフィールドではほとんど薄い青色ですが、

P1020705_201806190834443b0.jpg

P1020706.jpg
探し回って白色の花も見つけました。



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

桃色大集合

梅雨が戻ってきました。
シトシトと雨が降ってます。

今日はゴミの日で傘をさしながら、ステーションまでごみ出しに行ってました。

この何でもない行動が、1か月前は痛みのために出来なかったのですから。

左脚の感覚が鈍くて、踏ん張りがきかないので若干の不便はありますが、痛みがないのはありがたいことです。

今日は雨で散策はしないことにしましたので、過去の記録から、桃色の花を集めてみました。
再掲のものもありますが・・・

もうほとんど終りになっている、シランの花です。
P1020687.jpg
植栽ものですが、手入れも何もせず、たくましいのだけが生き残ってます。

これももう終わりに近づいてますね、シモツケの花です。
P1020512.jpg
虫たちは大好きのようで、ここへ来ると何らかの虫さんに出会えます。

これも盛りは過ぎました。ハコネウツギと思ってますが・・・
P1020592.jpg
ニシキウツギかもしれません。

道端のニワゼキショウ。
P1020575.jpg
まだまだ咲き続けています。ニワゼキショウには色の変化がありますが、オオニワゼキショウは青系だけですね。

次々に咲いているムラサキツメクサです。
P1020760.jpg
これもよく虫が集まりますね、この時はサトクダマキモドキ♀の幼虫が花粉を食べていたようです。

これも次々に花を開く、ヒルガオです。
P1020545_20180615074836dbb.jpg
葉の形から、ヒルガオに間違いないと思ってます。種はできないようです。

そして、最近咲き始めた2種類。
まず、ノハラナデシコです。
P1020634.jpg
本当ははカワラナデシコを見たいのですが、マイフィールドからは姿を消してしまいました。この花は頑張ってます。

これは、ハナハマセンブリです。
P1020754.jpg
以前はベニバナセンブリもあったのですが、姿を消してしまいました。

最後にネジバナも咲き始めました。例年より早いかな?
P1020774.jpg


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

ツルアリドオシ

ブログ友の記事にツルアリドオシが載っていました。

そういえばマイフィールドの山にもあったはず、急に見たくなって山へ入っていきました。

まだ左脚はしびれて力も40%位しか入らないので、トレッキングポールをしっかり握って慎重に山へ・・・

山に入った途端、プ~ンと鼻をつく臭いが・・・周囲を見ると、遠くの方に白い円錐花序・・・ネズミモチの花のようです。
P1020547_20180610081807b0f.jpg
遠くですから、トウネズミモチなのか、ネズミモチなのかは分からないのですが調べようがありません(-_-;)。

お目当てのツルアリドオシ・・・何とか間に合ったようです。
P1020554.jpg

P1020556.jpg
今年も見ることができましたが、以前よりも数が減ったような気がします。


その近くの枯落ちた枝に・・・・一列に並んだ可愛いきのこ。
P1020559.jpg
クヌギタケの仲間でしょうかね・・・


毎年この場所に来て、何回見ていても分からない植物。

P1020552.jpg
今年も花らしきものをつけていました。

P1020550.jpg
ノギランを貧弱にしたような植物です。


観察後、山を通り抜けようとしたら、前方を倒木がふさいでいました。
P1020564_20180610082156037.jpg

ア~ア・・・この長い階段を上って迂回する羽目に(T_T)
P1020565.jpg


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

道端の草花

梅雨の晴れ間・・・雲の合間に懐かしい青空が見えてます。

今日はまだ散策に出かけてませんので、在庫からになりますが・・


当地ではミヤコグサの仲間はセイヨウミヤコグサとミヤコグサの2種類が見られるようです。

開花はセイヨウミヤコグサが早く始まり、ミヤコグサが続きます。

花の咲いている時期は長く、まだ満開ですが、先に咲いたものは豆果が出来ていました。

今まで花は撮っても豆果を撮ってなかったので記録しておきます。

P1020527.jpg
これはミヤコグサ、花の数は3個どまり、当然豆果も3個どまり。


P1020530.jpg
これはセイヨウミヤコグサ。花の数は5~7個はあるでしょうか。

当然豆果もその数だけあります。


あまり見かけないギシギシの仲間に出会いました。

P1220962.jpg
根元の葉っぱはギシギシそのものですが、

P1220963.jpg
花はこんな感じ・・・ギシギシとは異なってます。
アレチギシギシというヨーロッパ原産、明治時代の渡来植物です。


P1220965.jpg
おまけは私の好きなヘラオオバコの花・・・

P1220964.jpg
何とか間に合ってみることができました。


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

テーマ:自然観察 - ジャンル:写真

ポチッ!

にほんブログ村の住人です。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

KOZAK

Author:KOZAK
自然観察大好き爺さんです。
腰を悪くして行動半径が短くなりました。身近な題材しか扱われません。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる