ミシシッピーアカミミガメ

昨日は一日雨がふってました。

明けて今日は少し青空も見える薄曇りです。

不燃ごみを出したついでにマイフィールドを一巡。

P1150454.jpg

P1150452.jpg

ヤマナメクジやウシガエルが昨日の雨に機嫌よくしてでしょうか、顔を見せてくれましたよ。

しばらく行くと道の真ん中でばったりとミシシッピーアカミミガメに出会いました。

用心深いこのカメにしては珍しいことです。向こうはそのまま固まってしまい運を天に任せたよう・・(*^_^*)
P1150457.jpg


こちらもまさか殺すわけにいきませんから、この際じっくり観察させてもらいました。

甲羅表
P1150459.jpg

甲羅裏
P1150460.jpg

普段はなかなか見られないところも観察し放題でした(*^_^*)
その後お別れしてさらに進みますと、河原のネムノキが花開いてました。

P1150462.jpg

一番花のようです。
有馬富士公園のオオバネムノキはもう終わりに近いと思いますが、ネムノキはこれからですね。


出会ってから3日以上たつのにまだ名前が分からない草花です。
P1150430.jpg
何でしょう??
スポンサーサイト

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

メリケントキンソウ

朝から小雨が降り続いています。梅雨らしいお天気になりました。

今日は散策は取りやめることにします。


今年も有馬富士公園では一部の芝生広場が立ち入り禁止になってました。

理由は…例のメリケントキンソウです。

先日解除になりましたのでようすを見に行きました。

すべて駆除されたと見えて姿はほとんどありませんでしたが、やはり漏れはあるようで種が出来た株もあり、種を観察するためにそっと持ち帰ってきました。

過去の写真も含め、まとめてみました。

花が咲く前
メリケントキンソウ


蕾が出来ました。
メリケントキンソウ3


拾ってきた茎。
DCHD0045.jpg


ばらすと種が出てきました。
DCHD0051.jpg


鋭い棘を持ったエイのような形ですね。
DCHD0053.jpg

長さは3ミリくらいでした。

この棘のある種が幼児やワンコの足に刺さるので立ち入り禁止措置が取られたようです。



これを書いてる途中に少し揺れました。長野県南部で強い揺れがあったようです。

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

キジ

21日から3日連続でキッピー活動をやってました。

21日は22日の準備作業、22日はカレッジの自然体験クラブ本番。23日は小学校3年生の環境体験のお手伝い。

初日を除いてお天気には恵まれましたが、その分暑くて・・・・

現役のころは6日連続で過酷な勤務をこなしていたにもかかわらず、今3日連続が応える体になってしまってます。



でも、明けて今日に疲れが残ることもなく朝からマイフィールドを歩いてきました。

いつものコースから少し脇にそれた林縁でキジに出会いました。
P1150426.jpg

数年前はふつうに見ることが出来たキジも今や珍しい存在です。

P1150427.jpg
こちらに気付くと悠然と茂みの中へ消えていきました。慌てふためいて逃げないところがキジのいいところですね。



三田市の天然記念物に去年指定された夏椿の群落が有馬富士公園内にあります。
P1150422.jpg

P1150423.jpg

もちろんこれはマイフィールドの夏椿ですが、花が開き始めました。




さらに少し離れたところにあるムクロジの木を訪れました。

キッピー仲間にムクロジの実をねだられてますので、様子を見に行ったのですが、丁度花が咲いていて虫が飛び回っていました。
P1150449.jpg
高木なのでどんな花なのか見ることもできません。

この調子だとたくさんの実が出来そうですが、狙っている人も多いようなのではたしていくつゲット出来ることやら・・

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

虫さん集まれ

夜半から大雨になってます。


今は小康状態・・・もう峠は越したのでしょうか・・と思う間もなくまた大雨になりました。


今日は明日行われるカレッジの自然体験クラブに向けた準備と下見がありますが・・・・



今朝はもう歩くのは止めました。
今まで撮っていた虫さんに登場の機会を・・・・と言っても普通種ばかりですが




久しぶり顔を見た・・・え~っと  キマダラセセリのようです。
P1150385.jpg




P1150377.jpg
かなり離れたところにいたツマグロヒョウモン、これでも撮ろうという気になるのは如何に虫に出会う機会が少ないか・・・わかるでしょ(*^_^*)





P1150393.jpg
これも久しぶりです、羽化して間もないのでしょうか、綺麗な体のキアゲハ。




P1150352.jpg
セグロアシナガバチのようですね・・・・睨んどりました。



P1150346.jpg
キオビツチバチでいいのかな・・触角が短いからメスか?

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

ハナハマセンブリ

昨日はもう一度スミゾメハキリバチに会いたくて出かけたのですが、もう影も形もありません。

しばらく欄干の横で粘りましたが、一匹も飛来しませんでした。まさに一期一会、不思議な世界です。



しばらく歩いて池のほとりに来ますと、ピンク色の花の姿が見えてきました。

P1150406.jpg

ハナハマセンブリのようです。

以前はフィールドにはベニバナセンブリとハナハマセンブリの両種を揃ってみることが出来たのですが、その後の開発でベニバナセンブリは姿を消しました。

P1150402.jpg

P1150405.jpg

今はハナハマセンブリだけが元気よく増えています。




今夜半から梅雨が戻ってくると言ってます、嬉しいような悲しいような・・・・・・

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

スミゾメハキリバチ

晴天が続いてます。今週半ばから梅雨空になるようですが、時同じくしてカレッジや小3の環境学習のお手伝いなどの活動があります。

お天気ばかりはこちらの都合に合わしてくれませんね。



昨日もマイフィールドを歩いてました。
少し気がかりなことがあり、じっくり観察です。

マイフィールドの平谷川に架かる橋の一つ、木造の欄干が老朽化でひび割れてきました。
そのひび割れに出入りする虫がいるのに気付いていたのですが今までは写真も撮れてませんでした。

P1150335.jpg

昨日漸く 時間をかけて正体を見極めました。


葉を切り取って運んでいる蜂、ハキリバチでした。

写真を持ち帰って調べると、スミゾメハキリバチというそうです。


P1150343.jpg

腹部下面が茶色で毛が生えてます、そのほかは名前のとおり真っ黒。

この茶色のところに花粉をいっぱいつけて持ち帰るとありましたが、出入りする蜂には花粉はついてませんでした。

何度も何度も、切り取った葉を巣に持ち込んでいます。少なくとも3匹ほどがそれぞれ巣を持っているようでした。

持ち帰った葉を利用して、オトシブミの揺らんのような大きさ形の揺り籠を作って花粉団子を詰め込み産卵し、赤ちゃんを育てるそうです。

懸命な姿は微笑ましい限りですが、私が立っていると警戒して巣に入ろうとしません。


P1150355.jpg
おかげで葉を抱きかかえた姿は何度も観察できました。

しかし、私がいても平気で出入りするのがいました。ハキリバチが留守の時に中へ入っては出てきます。

P1150358.jpg

腹部下面が白いですが、よく似た蜂です。
これは何者、スミゾメハキリバチに労働寄生してるのでしょうか?


P1150360.jpg
平谷川のガマの花も雄花が咲き始めました。季節は進んでます。

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

早起きは3文の得

23日の金曜日に1校環境体験学習で有馬富士自然学習センター(最近はキッピー山のラボと言います)へやってきます。
森を歩いて自然観察をしながら、こちらが出題したテーマに回答してもらうんですが・・・

モリアオガエルの卵塊が問題として使えるかどうか、心配になって昨日見てきました。案の定晴天続きで産卵も続かず干からびて小さくなった卵塊だけしかありません。もう問題として使えませんね┐(-。ー;)┌



出かけたついでに公園を少し歩いてみました。


朝早かったので私の耳でも鳥の声がよく聞こえます。
ウグイスの多い公園ですから、その分ホトトギスも多く、やかましく鳴きながら上空を飛んでいます。


ウグイスも負けず劣らずあちこちで鳴いています。
そこで4月頃にウグイスにまとわりつかれた場所へ行ってみました。

と、やはり松の枝にウグイスの姿が・・・縄張り意識が非常に強かった彼ですから今回も私が近づいても逃げようとしません。
P1180554.jpg

P1180549.jpg

P1180563.jpg


おかげでユックリ撮影させてもらえました。


スズサイコのある場所へも出かけました。



P1180508.jpg


ラッキーなことにまだ閉じていない花がありました。


早起きは3文の得ですね(*^_^*)。

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

シンジュボシマンネングサ

マンネングサの仲間もたくさんあってよく見極められない私ですが・・・・

このマンネングサだけはすぐに分かります。
P1180485.jpg


今年も池のほとりでたくさん群生して花をつけ始めてます。

P1180481.jpg
シンジュボシマンネングサに違いないでしょう。


こちらは山道で見つけたマンネングサですが、こうなるとよくわかりません。
P1180431.jpg



P1180427.jpg

コモチマンネングサと思い込んでますが。



シンジュボシマンネングサを撮って歩いて行くと、前方に居られた知人が声をかけてくれました。

「ヘビがおるで」

そちらの方を見ると、なんとシマヘビが2匹前後に並んで移動中。

少し小ぶりのシマヘビを1m越えの個体が追いかけるようにしてます。
P1180490.jpg


P1180498.jpg



大きな方は赤い舌をチョロチョロ出して、移動してます。
何か前の小さい方に話しかけているようです(*^_^*)


恋の季節でうまくいけば交尾が見れるかもと思ったのですが、すぐに2匹とも池畔の茂みに隠れてしまいました。

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

コシアカツバメ巣立ち

毎年この時期は鳥たちの巣立ちで幼鳥に出会うことも多いのですが、コシアカツバメの若鳥は営巣場所からかなり離れているにもかかわらず我が家の近くにも姿を見せてくれます。

昨日姿を見せてくれました。



P1180475.jpg

身体は親に負けないくらいの大きさになっていますが、時折飛んでくる親にエサをねだる姿は可愛いもんです。


P1180477.jpg
この子は少し小柄ですね、最後に孵ったのかもしれません。



散輪坊さんが見せてくれた、シナノキの花・・・・

当地の公園のシナノキはどうかなと出かけました。

P1180449.jpg



P1180458.jpg

もう少しで満開でしたよ(*゚ー゚*)

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

クロガネモチの不思議

秋には赤い実を沢山つけて見栄えのするクロガネモチ・・・・。


庭木として人気があるのですが、雌雄異株と聞きました。今雌花が盛りを迎えてます。
P1180391.jpg


赤い実のできる雌株はもてはやされますが、実のできない雄株は幼木の時から淘汰されてしまいます。


ということは市場には雌株だけで回っていることになりますよね。


なのにマイフィールドのクロガネモチはどの株も赤い実をビッシリ付けます。


クロガネモチは花粉なしで結実できるのでしょうか・・・・こんな疑問を持っていた私。


P1180161.jpg
とうとうマイフィールドにクロガネモチの雄株を1本見つけました。


でも、距離は1㎞以上離れていて、雄性優先のようで開花時期は雌花よりも10日以上早かったんですが・・・。

こんな状態で今盛りの雌花に花粉が届くとは思えない(ー_ー)!!

P1180398.jpg

ひょっとしたら両性花を持ってるのではないかと今も疑心暗鬼です。

テーマ : 自然観察
ジャンル : 写真

ポチッ!

にほんブログ村の住人です。
にほんブログ村 シニア日記ブログへブログランキング・にほんブログ村へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる