FC2ブログ

ヤマモモの花

ヤマモモはヤマモモ科ヤマモモ属の常緑高木です。


雌雄異株で今が花の時季、6月ごろには実が出来て、食べられます。


熟すと落果して周囲を赤くベタベタにするので、嫌われることが多いかもしれません。


今日はその花の観察記録です。


P1070022.jpg
雄花序は無数の花の集合体で長さ5センチ太さ1センチほど、さらにそれが10本余り固まって枝先についてます。


P1070024.jpg
雌花序は長さ10ミリ太さ3ミリほどで10数個の赤く先が2つに分かれた柱頭がのぞいています。

それが枝先にやはり10本ほどついているようです。


かなり大きさに差がありますが、ほぼ同倍率で撮ってみました。


これだとよく分からないので雄花序雌花序共に拡大して写してみました。


P1070020.jpg
雄花序は拡大してもよく分かりませんが、雄しべがまだ出ていないようですね。


P1070032.jpg
雌花序は拡大すると、雌花の赤い柱頭がよく分かりますね。先が2つに分かれてます。



6月になったら、沢山の実が出来るのでつまみ食いをすることに・・・・・



ヤマモモを観察していたら、モズが2羽追いかけっこをしてました。


P1070033.jpg
オスと


P1070038.jpg
メス。ボチボチ恋の季節のようです(*^-^*)



本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

なお、先日浴室で転倒した腰の痛みが強いのでX線写真を撮ってもらったところ、腰椎L2椎骨が圧迫骨折を起こしてました。しばらく、自然観察はお休みさせてもらいます。
スポンサーサイト
天気予報

-天気予報コム-
リンク
最新コメント
月別アーカイブ