FC2ブログ

フウ

マイフィールドのフウ(タイワンフウ)の紅葉がピークを迎えていました。
P1050368_20181127142933ca5.jpg

P1050370.jpg
日本に存在するフウの仲間はこのフウ(タイワンフウ)とモミジバフウ(アメリカフウ)の2種類だけだそうで、マイフィールドには両種とも存在しています。
P1050371.jpg

フウの葉は3裂、モミジバフウは5裂となってます。

モミジバフウの紅葉はもう終わりになり落葉頻りです。

フウは漢字表記では楓と書くようで、これがフウとカエデの混同を招いているようです。

フウの仲間は両種とも丸い集合果、カエデの仲間は翼果ですから、実を見ればすぐに別種だとわかりますね。

植物学の分類ではこのフウの仲間は今はフウ科、以前はマンサク科。

フウによく似た葉を持つトウカエデは街路樹などに使われていますが、以前カエデ科だったのが今はムクロジ科、でも果実はカエデと同じ翼果です。

植物の分類は最近の研究であっちへ行ったり、こっちへ来たり、ややこしくてついていけませんね(~_~;)


友達のブログでユリノキの翼果をとりあげておられたので私も見てきました。
P1050357.jpg

P1050360.jpg
沢山の実が出来てますが、翼果はもう散らばって、残された外縁だけが花のように見えていました。
P1050358.jpg


本日もご訪問頂きありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

2018/11/27(火) | 木本 | トラックバック(0) | コメント(6)

«  |  HOME  |  »

散輪坊

『No title』

 トウカエデはカエデの仲間ではないんですね。
また一つ勉強になりました。
 大きなユリノキですね。運動公園のは大きくなると強剪定されて
これだけ沢山の実が生らないです。

2018/11/27(火) 20:05:43 | URL | [ 編集]

Bell3

『No title』

フウの紅葉は素敵ですね。家内がお世話になっている病院では大きなフウの並木が見られるのですが、次回は12月上旬なので、紅葉が残っているかどうかです。
先般歩きました桜井の駅前通りがユリノキの街路樹となっていて、久しぶりに見ましたが、実態は「残された外縁だけが花のように」見えていました。

2018/11/27(火) 22:26:05 | URL | [ 編集]

白竜 (はく りゅう)

『フウ(タイワンフウ)』

こんばんは!
フウ(タイワンフウ)・・・大木ですね!♪(^^)
紅葉がピークのようです(^^)

2018/11/27(火) 23:29:11 | URL | [ 編集]

KOZAK

『No title』

散輪坊さん:おはようございます。ややこしく書いて誤解を招いたようですね、すみません。
トウカエデはイロハモミジと同じ仲間です。ただ分類上、カエデ科というのはなくなり、両方ともムクロジ科カエデ属と位置付けられました。
ユリノキは強剪定をすると、花が少なくなりますね。

2018/11/28(水) 07:09:08 | URL | [ 編集]

KOZAK

『No title』

Bell3さん:おはようございます。モミジバフウよりもフウの方が落ち着いた紅葉を見せてくれますね。12月上旬は落葉が見られるかも・・

2018/11/28(水) 07:11:26 | URL | [ 編集]

KOZAK

『No title』

白竜さん:おはようございます。
度重なる台風にも耐えて、綺麗な姿を見せてくれてます。モミジバフウは幹の途中で折れたのが多いのですが、こちらはしなやかなのかも知れませんね。

2018/11/28(水) 07:13:28 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
https://coo70chan.blog.fc2.com/tb.php/1453-84321811
 |  HOME  |